2005年05月24日

『マクドナルド』

マクドナルド



・国道関目店)
マクドナルド(英語 : McDonald's)はハンバーガーを主力商品とし、世界規模で展開するファストフードのチェーン店の名称、またはその登録商標である。店舗は121か国にあり、店舗数は約31000店舗。当初、マクドナルド兄弟が開いた店舗はハンバーガーショップではなかった。ハンバーガーもマクドナルド兄弟の発明品ではなく、それ以前からアメリカ全国にあった料理だった。にもかかわらず、その後の世界展開により広く認知されるようになったことから、マクドナルドはしばしばハンバーガーの代名詞ともされる。主力製品である「ビッグマック」を国際購買力平価の指標として用いるビッグマック指数が提唱されるほどマクドナルドはよく知られている。その一方グローバリゼーションの代表として欧米・アジア圏で店舗が襲撃されるという事件も起こっている。略称として、関東圏ではマックと呼ぶが、関西圏とフランスではマクドがよく使われる。関西圏でマックというと通常コンピュータのMacintosh(マッキントッシュ)を連想する。McDonald's をマクドナルドと発音しても英語では通じない。発音を綴れば 国際音声記号(IPA) [mækdɔːnəldz]、SAMPA [m{kdO:n@ldz]、片仮名 マクーナルズ(太字はアクセント)になる。これは、日本マクドナルド初代社長の故藤田田が、「『マクダーナルズ』では日本人には発音しにくく馴染まないから、日本語的に3・3の韻になるよう」に決めたことに由来する。現在のキャッチコピーは「I'm lovin' it」。

米国マクドナルドの歴史


最初のマクドナルドのレストランは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンバーナーディノでディックとマックのマクドナルド兄弟(Richard and Maurice McDonald)が1940年に始めたものである.
この後、有名な「スピード・サービス・システム」のキャッチフレーズと、工場式のハンバーガー製造方法、そしてセルフサービスの仕組みにより、1948年以降に特に有名になった。1954年、ミルクシェイク用ミキサーのセールスマンで企業家のレイ・クロック(Ray Kroc)が、ミキサーを売りに兄弟の店にやってきたとき、マクドナルドの仕組みについて興味を持つようになった。特にクロックが興味を持ったのは、マクドナルド兄弟のレストランの回転が大変に速く、相当数の人数の客を次々とさばくことができることだった。すっかり感心したクロックは、ミキサーのメンテナンス(修理および調整)のためにレストランにやってきたとき、マクドナルドのシステムをフランチャイズ形式にして、システムそのものを売る商売を始めてはどうかと兄弟に勧めた。クロックは、マクドナルドを売り込むために熱心に働いた。彼は、近々できるディズニーランドの中にマクドナルドのレストランを入れるように積極的に売り込んだ。この試みは失敗したが、このときにウォルト・ディズニーにも直接売り込んだ。結局、クロックは、イリノイ州デスプレーンズに最初のフランチャイズ店を出店した。これは即刻大成功となった。クロックは新しい会社を作った。社名は"McDonald's Systems Inc."(マクドナルドシステム会社)。この会社は1955年3月2日に設立された。1960年には、社名を"McDonald's Corporation"(マクドナルドコーポレーション)に変更した。クロックのマーケティング戦略のうちの一つは、家族向けの店舗にすること。特に子供を商売の対象とすることだった。1960年代初め、ワシントンD.C.(ワシントン特別市)でマクドナルドのフランチャイズ権をとって営業していたオスカー・ゴールドスティン (Oscar Goldstein) という人物が、ウィラード・スコット (Willard Scott) というピエロが所属するBozo's Circus(荒くれ男のサーカス)という名の出し物のスポンサーについた。この出し物が中止されると、ゴールドスティンはマクドナルドのマスコットとしてスコットを雇った。このとき、スコットは、マクドナルドにちなんで、「ロナルド・マクドナルド」(Ronald McDonald) という役名で呼ばれることになった。なお、日本では、販売戦略上の理由(発音しづらい点でも)から「ドナルド・マクドナルド」と呼ばれている。ロナルドは求められていた役に比べて少々太り気味であったが、このキャラクターが広告に出ることにより、マクドナルドのチェーン店はアメリカ全土に広がることになった。これに続き、ロナルド以外のマクドナルドキャラクター全員が開発されていった。クロックのマクドナルドの兄弟との契約は、兄弟が生産工程について責任を負い、会社の株式による利益を受け取る。そのかわりにクロックが販売拡張の全責任を負うことになっていた。1961年までに、クロックは拡張に失敗した。すっかり裕福になりそれ以上余分な仕事をしなくてもよいと計算したマクドナルド兄弟は、270万ドルでマクドナルドの全権利をクロックに売り渡すことで合意した。この金は、クロックが多くの投資者からかき集めたものだった。投資者の中にはプリンストン大学も含まれる。この契約では、マクドナルド兄弟は、自分たちの店を "The Big M"(ザ・ビッグM)という名前に変えてそのまま続けてもよいことになっていた。クロックがそのマクドナルド兄弟の店のほんの1ブロック北に自分の店を開くまでに、あまり時間はかからなかった。もしマクドナルド兄弟が、もともとの契約(全チェーンの年間売り上げの0.5%を兄弟に支払う)を維持していたら、現在、兄弟は年に1億8000万ドルを手にすることになっていたはずである。なおマクドナルド兄弟の店はその後閉店し、今はもうない。これ以来、マクドナルドコーポレーションは、世界の至るところに店を開いた。1990年1月31日ロシアのモスクワで、最初のマクドナルドハンバーガーショップが開店した。マクドナルドが貧民のための低級で不健康な食物とされているアメリカ合衆国と違い、ロシアや中国など世界のいくつかの地域では、マクドナルドはステータスシンボルになっている。また、マクドナルドは、清潔で臭くないために賞賛もされている。マクドナルドのビッグマックの価格は、ビッグマック指数と呼ばれ、通貨間の購買力平均価格の比較手段として使われた。この指標の考案者は、イギリスの経済雑誌『エコノミスト』誌(''The Economist'')である。マクドナルドの標準化は、同時に生活様式や経済活動のグローバリゼーションを意味した。トム・フリードマンは「マクドナルドのある国同士は戦争を行わないだろう」と予言した。この予言は、アメリカのセルビア爆撃によって破られた。

日本のマクドナルド


日本では、貿易会社の藤田商店社長藤田田(ふじたでん)がマクドナルドに目をつけ、フランチャイズ権を獲得。子会社日本マクドナルドを設立し、1971年7月20日、1号店である銀座店を銀座三越店内に開店した。店舗面積129m2と、非常に小さな、テイクアウト専門店だった。1号店が銀座なのは、話題になれば商売も成功すると踏んだ藤田の発案による。藤田の狙い通り、この店は大変な評判になり、日本各地に続々と店舗が作られた。7月24日には2号店である代々木店が開店。当時、ハンバーガー1個80円だった。しばらくは繁華街へ集中的に出店する戦略が続いた。これによりマクドナルドが都会的であるという印象を与えることにも成功した。1977年以降は、アメリカに似たドライブイン型店舗、ドライブスルー併設店舗も作るようになった。現在は、厨房が狭く、メニューも限定したミニマックという形態の店舗を多く出店している。これはスーパーマーケットのフードコーナーや高速道路サービスエリア(一部)などに設置されることが多い。土地の価格が高い日本特有の店舗形態である。1982年8月 日本マクドナルドの開発によるPOSシステムをアメリカ・マクドナルドへ輸出した。1987年、ハンバーガーとドリンクとポテトを組み合わせると、価格が安くなる「サンキューセット」を発売しヒットする。これはこの年の流行語ともなった。前年の安売りセールが好調だったことから、1995年、それまで210円だったハンバーガーの価格を一気に130円に変更。対抗上、これに追随して値下げをするファーストフードチェーンが続出し、価格破壊戦争が起こった。さらにハンバーガーの価格は80円、65円などと目まぐるしく変わったが、2002年に悪化した経営収支を立て直すため、いったん下がった価格を80円に戻すと今度は大きく客離れを引き起こし、59円に再度値下げしても期待したようには客足が戻らなかった。価格破壊戦争によって、経営悪化とバーガーが安物食品であるというイメージを消費者に植え付け、ブランドイメージも大きくダメージを受けた。藤田田は戦略失敗による経営責任をとり、引退する。日本マクドナルドは、米国マクドナルドの直轄経営となった。2004年現在も低価格戦略の失敗の影響が残り、業績悪化に苦しんでいる。2004年1月 現在の価格は、ハンバーガー80円、ビッグマック250円。2002年2月 会社分割による持株会社体制へ移行。商号を「日本マクドナルドホールディングス株式会社」に変更した。2004年3月 原田永幸・元アップル・コンピュータ社長が代表取締役副会長兼CEOに就任した。2004年5月 日本マクドナルドホールディングスは、八木康行社長兼COO(最高執行責任者)が12日付で退任したと発表。兼任していた子会社の日本マクドナルドの社長も退任した。

BSEの影響


2003年12月24日 アメリカ、ワシントン州において BSE(牛海綿状脳症)感染疑惑牛発見の発表があり、同12月26日に日本政府はアメリカ産牛肉の輸入禁止を決定。日本マクドナルドは、ハンバーガーにオーストラリア産の牛肉を使っているが、フランクバーガー用のソーセージだけはアメリカ産牛肉を15%含んでいたことから、安全のために「フランクバーガー」の販売を中止した。また、マックフライポテト・ハッシュポテトおよび一部のチキンマックナゲットにアメリカ産牛由来原材料を使用していたものも販売を中止した。なお、こうした影響を払拭したいため、2004年1月18日にバーガー類1個購入につき、ハンバーガーの無料引換券(同年1月19日から25日まで有効)を配布した。なお、同様のサービスを東京銀座に開店した事を記念し「マクドナルドの誕生日」と称し、同年7月19日にバーガー類1個購入につき、ハンバーガーの無料引換券(同年7月20日から25日まで有効)を配布した。

マスターの教え
マスターの教え
・人生で必要な知恵は全てここに
・本気で心を開いて実行すると軌跡がおきる本
・マスターって
マクドナルド物語 ほのぼの店長育成ゲーム
マクドナルド物語 ほのぼの店長育成ゲーム
・テーマはおもしろいんだけど
・マクドナルドが舞台
ミュージック・フロム・ムーラン・ルージュ2
ミュージック・フロム・ムーラン・ルージュ2
・2があるとは!!
・これで完全完結!!
・いい曲ばかり
エンド・オブ・ア・レインボー
エンド・オブ・ア・レインボー
・おすすめします。
・素直なデヴィッド・マシューズのアレンジが冴えるアルバム
Scorpio
Scorpio
・最悪
・Scorpioだけなら星5つ
・SCORPIOがいい
須賀川市<supersonic>
んでいる街が発展するということは嬉しいことであります。ちなみに、出店予定となっているのはマックスバリュ、ユニクロ、マクドナルドなど29店舗ですが、個人的には郡山の岩瀬書店規模の本屋さんと、キタアイダのような大き目の酒屋さんが欲しいところです。あと、欲
旅とビール その2<へらぶな?子育て?旅行?なんでも>
好きな国はイギリスということになろう。イギリスでビールといえばもちろん「パブ」の存在。喫茶店よりも、コンビニよりも、マクドナルドよりも簡単に、何処の街に行っても間違いなくたどり着くことが出来る場所、それがパブである。パブというと、
減少傾向かも。<「虚弱肥満」に終止符。>
たので、今日は小さめのものを植物油で柔らかく焼きました。柔らかく焼くと、なぜかあれこれつけなくても食べられるんです。マクドナルドのホットケーキってそうなんですよね。(私はつわりのときになぜかあれを食べたくなり、夫に頼んで買ってきてもらっ
posted by rrk1 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3861548

この記事へのトラックバック

link
Excerpt: 便利です。
Weblog: link
Tracked: 2006-03-28 18:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。